[PR]

 トランプ米大統領は2日の閣議で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長から親書を受け取ったことを明らかにした。内容の詳細は明らかにしなかったが、「素晴らしい手紙」だったという。トランプ氏は金正恩氏が新年のあいさつで2回目の米朝首脳会談に意欲を示したことを改めて評価し、「我々は(首脳会談を)そう遠くない将来、開催する」と語った。

 トランプ氏は「我々はとても良い関係を築いている」と強調。「もし、この政権と違う政権が発足していれば、いま戦争になっていただろう。アジアでどでかい戦争が起きたただろう」と語り、トランプ政権のもとでは「ロケット発射も実験もない」と自賛した。

 一方、トランプ氏は非核化をめぐる米朝交渉については「私は全く急いでいない。急ぐ必要がない」と述べ、長びくことを認める姿勢を改めて強調。「金委員長と会うことを楽しみにしている」と語った。

 ただし、米側は、非核化が実現するまでは北朝鮮への経済制裁を続ける考えを崩していないなど、両国間の意見の違いは大きい。両首脳が意欲を示す2回目の米朝首脳会談の時期は見通せないままだ。(ワシントン=園田耕司)