[PR]

 西武からポスティングシステムを使って米大リーグ移籍を目指していた菊池雄星投手(27)がマリナーズと4年契約を結んだ。マリナーズが2日(日本時間3日)発表した。米メディアによると、最初の3年は総額4300万ドル(約47億3千万円)で、球団が4年目に選択権を行使すれば、7年間で1億900万ドル(約119億9千万円)に達する。3日(日本時間4日)に入団記者会見が行われる。

 マリナーズの本拠地はシアトルで、岩手・花巻東高の後輩、大谷翔平のエンゼルスと同じア・リーグ西地区に属している。3月20、21日には東京ドームでアスレチックスとの開幕2連戦に臨む。

 菊池は「マリナーズと契約でき、本当にうれしい。西武で学んだことを忘れず、活躍している姿をお見せできるように精進したい」と、西武を通じて談話を出した。

 菊池には複数の球団が獲得に興味を示し、昨年末には菊池がシアトルを訪れ、大リーグ公式サイトがマリナーズとの4年契約に合意したと伝えていた。今季から適用された新協定では、契約額に応じて西武に譲渡金が支払われる。

 菊池は高校卒業時に大リーグ志望を持ち、米球団とも面談したが、ドラフト1位で2010年に西武入団。17年に最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得し、18年には西武の優勝に貢献した。

 マリナーズにはイチロー、佐々木主浩、岩隈久志ら、これまで多くの日本選手が所属した。(時事 時事)

     ◇

 菊池雄星投手 マリナーズと契約でき、本当にうれしい。どんなときも応援してくれた日本のファンの皆さま、ポスティングを容認してくれた西武、9年間ともに戦ったチームメートには本当に感謝の気持ちでいっぱい。これからは新天地での挑戦になるが、西武で学んだことを忘れず、活躍している姿をお見せできるように精進したい。(時事 時事)