[PR]

 第95回箱根駅伝は3日、神奈川・芦ノ湖から東京・大手町までの5区間109・6キロで復路のレースが行われ、東海大が初の総合優勝を果たした。往路2位だった東海大は6区の中島怜利(3年)、7区の坂口竜平(3年)がともに安定した走りで往路1位の東洋大を追いかけた。8区の小松陽平(3年)が区間新の快走でトップに立ち、そのまま逃げ切った。10時間52分9秒の大会新記録で初の栄冠をつかんだ。

 総合5連覇を狙いながら往路は6位に沈んだ青学大は、6区の小野田勇次(4年)が区間新、7区の林奎介(4年)も区間賞の走りで復路では意地を見せた。最終10区の鈴木塁人(3年が)が東洋大をとらえ、総合2位でフィニッシュした。(記録は速報値)