[PR]

 第97回全国高校サッカー選手権大会で3日、栃木県代表の矢板中央は川崎市の等々力陸上競技場で3回戦を戦い、立正大淞南(島根)を1―0で下した。準々決勝は5日に同競技場であり、青森山田(青森)と対戦する。

 矢板中央は3年生DFを中心に先制点を守り抜いた。前半2分、フリーキックのこぼれ球をDF五十嵐磨於選手(3年)が右足でダイレクトボレー。ゴール正面にいたDF白井陽貴選手(3年)が、右足のかかとでグラウンダー性のボールの軌道を変え、ゴール左隅に流し込んだ。

 それからは一方的に攻められる苦しい時間が続いたが、白井、五十嵐の両選手らDF陣が奮起。DFラインを下げて守りに徹し、何度も体を投げ出す気迫の守備で相手のシュートコースを断った。許した8本のシュートの大半が、枠を外れるかDFにはじかれた。

 五十嵐選手はこれまで出場機会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら