[PR]

 第97回全国高校サッカー選手権大会の3回戦が3日、千葉市のフクダ電子アリーナであり、県代表の星稜は流通経大柏(千葉県)に0―1で敗れた。前半5分にセットプレーで失点すると、その後の好機をものにできなかった。

 アクシデントが星稜を襲ったのは、1点を追う前半終了間際だった。敵陣でタックルを試みた岩岸宗志主将(3年)が右足首をひねって骨折、右肩も脱臼し、退場した。担架で運ばれた岩岸主将は泣きながら副将の有馬大勢選手(3年)に赤いキャプテンマークを渡した。「大勢に託す」

 その直後。左腕にキャプテンマークを巻いた有馬選手は左サイドに流れ、後方からのロングパスを直接、左足で振り抜いた。「イメージ通りだった。あれが入っていれば……」。強烈なシュートは、わずかにクロスバーの上をかすめた。

 二人はチームの未来を語り合っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら