[PR]

 中国国家海洋局の調査船が昨年12月、日本最南端の無人島、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)周辺の排他的経済水域(EEZ)内で日本側に無断で海洋調査したとして、日本政府が中国政府に抗議していたことが分かった。日本政府関係者が3日、明らかにした。

 関係者によると、調査船1隻が先月18日、EEZ内を航行しているのを海上保安庁の航空機が確認。航行目的を無線で尋ねると、「海洋調査が目的」と答えたため、日本側が翌日、外交ルートで抗議した。国連海洋法条約では、他国のEEZ内で海洋調査する場合、事前にその国の許可を得ることになっている。

 中国外務省の陸慷報道局長は2日の定例会見で、調査船が同海域で最近調査した事実を認めた上で、「条約上、沖ノ鳥島は島の要件を全く備えていない。中国は日本の主張を認めていない」と反論した。日本政府はこの発言に対しても抗議した。

 沖ノ鳥島は東京の南約1700キロにある。日本は島と認定しており、42万平方キロに及ぶEEZ内で独占的に資源開発ができることになる。中国側は「岩」に過ぎないと主張している。(北京=延与光貞)