[PR]

 県内の駅や空港は3日、年末年始を故郷で過ごした人たちのUターンラッシュなどで混み合った。

 JR西日本金沢支社によると午後4時現在、金沢発東京行きの北陸新幹線「はくたか」3本の自由席乗車率が100%を超えた。大阪行き「サンダーバード」や名古屋行き「しらさぎ」も午後を中心に混み合い、計11本が100%を超えた。列車の混雑は6日ごろまで続きそうだという。

 金沢駅の北陸新幹線ホームでは、スーツケースや土産を抱えて列車に乗り込む家族連れの姿が目立った。車両の前で見送りに来た親族らと記念撮影をするなど、別れを惜しんでいた。

 東京から帰省していた三男一家をホームで見送った金沢市の谷内詩朗さん(70)は「少し寂しいですが、半年ぶりに孫娘と会えて一緒にのんびり過ごすことが出来ました」と話していた。(井潟克弘)

関連ニュース