写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 3日午後6時10分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、同県和水(なごみ)町で最大震度6弱を観測するなど、九州を中心に四国と中国地方でも揺れを記録した。気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5・1、震源の深さは10キロ。この地震による津波の心配はないという。

 熊本市北区と同県玉東町では震度5弱を観測した。震度4は熊本県荒尾市、玉名市、山鹿市、菊池市、合志市、福岡県大牟田市、柳川市、みやま市など。佐賀や長崎、大分、宮崎の各県でも震度3を観測した。

 気象庁は3日夜、緊急の記者会見を開いた。松森敏幸・地震津波監視課長は、2016年4月に震度7を2度観測するなどした熊本地震との関連について、震源域が20キロ程度離れていることから「別のものと考えている」と述べた。

 揺れが強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている恐れがあるとして、「危険な場所に立ち入らないなど、身の安全を図るよう心がけて」と呼びかけた。過去の事例から、約1週間は同規模程度の地震に注意が必要という。

 地震の影響で、九州新幹線が運転を見合わせるなどUターンラッシュで混雑する交通機関も乱れた。

 菅義偉官房長官は同日午後8時過ぎの記者会見で「現時点で人的被害は確認されていない」と述べた。