「大阪でもやろうと考えた」 原宿暴走の容疑者

[PR]

 東京・原宿の竹下通りで1日未明、暴走した軽乗用車に通行人8人が相次いではねられて負傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された職業不詳の日下部(くさかべ)和博容疑者(21)が、灯油や高圧洗浄機を「事件のために買った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。大阪で軽乗用車に積み込み、上京していたという。警視庁は強い決意で事件を起こしたとみて調べている。

 捜査1課によると、日下部容疑者の住民票は大阪府枚方市にあるが、同寝屋川市で暮らしていたという。日下部容疑者は「大阪でもやろうと考えた」などとも述べているといい、動機も含めて詳しく調べている。

 捜査関係者によると、日下部容疑者が運転する軽乗用車は竹下通りを約140メートルにわたって暴走して8人を次々にはね、建物にぶつかって停車した。後部座席からは100リットルのポリタンクに入った約20リットルの灯油と高圧洗浄機が見つかった。

 日下部容疑者はこれらについて「事件を起こすために買った」などと供述している。軽乗用車はレンタカーで、寝屋川市で昨年12月28日に予約し30日に借りた。灯油と高圧洗浄機を積み込んで上京し、31日昼ごろには今回の現場近くの明治神宮付近に到着していた。「明治神宮の人混みで高圧洗浄機を使って灯油をまいて火をつけようと思っていた」が、明治神宮近くで灯油散布を試みて失敗し、竹下通りに車で突っ込む計画に変更したという。高圧洗浄機は新品同様だったという。

 日下部容疑者の逮捕容疑は1日午前0時10分ごろ、竹下通りで軽乗用車で東京都練馬区の男子大学生(19)をはね、殺そうとしたというもの。大学生は意識不明の重体。他に19~51歳の男性7人が重軽傷を負った。