工藤会の「夜回り」復活 健在アピールか半グレ対策か

有料会員記事

緒方健二
[PR]

 北九州市の指定暴力団工藤会をめぐる動きが慌ただしい。途絶えていた繁華街の「夜回り」を復活させ、その主導役の組長を首脳級幹部に登用した。一方で本部事務所が市に差し押さえられ、拠点を失う可能性も出てきた。トップで総裁の野村悟被告(72)の逮捕から4年余。国内唯一の特定危険指定暴力団はどこへ向かうのか。

 「夜回りするぞ」

 捜査関係者によると、2018年6月上旬、傘下組織の古参組長(71)の発した号令で「伝統行事」がよみがえった。この組長ら7人は6月中旬、北九州市・小倉などの繁華街を練り歩いたという。

 工藤会関係者によると、夜回りは約20年前に始めた。

 数十人の組員を、それとわか…

この記事は有料会員記事です。残り1972文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら