[PR]

 膨大なデータをもとに、人間の能力をはるかに上回る速度で答えを導き出す人工知能(AI)。医療分野でも、検査画像データに活用され、医師の判断を助ける研究が進んでいます。その現状を知ろうと、山口大医学部(山口県宇部市)のAIシステム医学・医療研究教育センターを訪ねました。

 「AIは、汎用(はんよう)AIと特化型AIに区別して考えると分かりやすいですね。現在のAIはすべて特化型です」。そう話すのは、センター長の浅井義之教授だ。

 汎用AIは、例えば鉄腕アトムやドラえもんのように自らの価値観があり、目標を自分で立て実行し、評価もできる。一方、特化型は特定の問題に対してのみ応用でき、その問題を解くためにデータを検索し、その特徴を判別する。医学・医療における医用AIは、この特化型に分類される。

 医用AIでは、糖尿病の診断と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら