安倍晋三首相は4日、伊勢神宮参拝後に年頭の記者会見を開き、皇太子さまの新天皇即位に伴い、5月1日に施行される新元号について、4月1日に発表すると正式に表明した。

 会見で首相は「国民生活への影響は最小限に抑える」と説明。税や社会保障を含む行政システムの改修期間を一定確保し、国民生活の混乱を避けるため、改元1カ月前公表にする考えを示した。「歴史的な皇位の継承を国民がこぞってことほぐことができるよう、政府として準備に全力を尽くす」とも述べた。

 新元号を記した改元の政令は4月1日に現天皇陛下の署名・押印をもって公布する考えも示し、元号の選定手続きについては「平成改元時の手続きを踏まえつつ、決めていきたい」とした。