[PR]

 全国高校サッカー選手権大会で躍進を続ける新潟県代表の帝京長岡。県勢初のベスト4入りをかけた5日の準々決勝では、前回王者・前橋育英を破った尚志(福島)と川崎市の等々力陸上競技場で対戦する。

 チームは3回戦翌日の4日も午前10時から約2時間半、川崎市内のグラウンドで練習。連戦の疲れを取りつつ、ランニングや柔軟運動をしたり、セットプレーの動きを確認したりした。

 上下関係は緩やかで、3年生と「タメ口」で話す下級生もいるフレンドリーなチーム。古沢徹監督は「3年が2年をのびのびやらせているのが大きい」と話す。先発メンバーの半数近くは、地元のユースチーム「長岡JYFC」で小中学校時代から共にプレーしてきた。同チーム出身で今大会計4得点のFW晴山岬選手(2年)は「声を出さなくてもお互いの思いが分かる」と連係の強さを語る。

 尚志とは年2回ほど試合をする…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら