[PR]

 富山県は、県が開発したチューリップの新品種「白天使」と「恋のはじまり」が品種登録されたと発表した。4月のとなみチューリップフェアで展示し、各3千個程度の球根の注文を受け付ける。秋に発送する予定。県が開発したチューリップは計35品種になった。

 名称は、チューリップの生産販売に携わる関係者から募集。白天使は、咲いた様子が天使が翼を広げた姿をイメージさせることから名付けられた。白色のユリ咲きは全国でも3品種しかないという。

 恋のはじまりは、桃色の花びらが春風で揺れる様子が、恋の始まりを予感させるとして命名された。花びらのふちは白色でグラデーションになっている。

 共に茎が短く丈夫で、花壇植え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら