[PR]

 「スペースワールド跡地にできる商業施設は脅威」

 昨年12月28日、北九州市小倉北区のJR小倉駅前にある商業ビルを管理する北九州都心開発の古賀渡社長は、記者会見で危機感をあらわにした。

 「脅威」とは、八幡東区のスペワ跡地27ヘクタールにイオンモール(千葉市)が2021年中の開業をめざす新業態の商業施設。同社は「ショッピングだけでなく、エンターテインメントやカルチャー、食を融合した施設にする」としている。

 百貨店の井筒屋は、この計画も「要素のうちの一つ」(影山英雄社長)として考慮し、小倉駅前の商業ビルに入るコレットを今年2月、八幡西区のJR黒崎駅前にある黒崎店を5月に閉店することにした。核テナントが抜けた後のビルの運営方針を、都心開発が発表する記者会見での古賀社長の「脅威」発言だった。

 都心開発は専門店を集めたビルとして再出発を図る方針を発表。3月以降、段階的に開業し、1年後に入居率100%をめざす。当面はテナント集めに注力し、施設のコンセプトは「今後詰める」(古賀社長)。

 スペワ跡地の施設にどう対抗するかは、市内の商業関係者共通の関心事だ。

 2店舗の閉店を発表した井筒屋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら