[PR]

 仏教徒が人口の約9割を占めるミャンマーで、貧しさから家族らの葬儀を諦める人たちを、無償で支えてきた「おくりびと」がいる。日本製の中古霊柩(れいきゅう)車で遺体を斎場などに運び、清める。20年間にわたる草の根支援に共鳴して手伝う仲間は約500人まで増え、政府の手が回らぬ貧困支援の一翼を担っている。

 最大都市ヤンゴンに住む国民的俳優のチョウトゥーさん(59)。こわもてのひげ面に腕のタトゥー。これまでにボランティアで18万件の葬儀を手がけてきた。

 ヤンゴン郊外の事務所には毎日のように依頼の電話が入る。十数人のスタッフと棺おけをそろえ、病院などで受け取った遺体を清める。その方法は、知人の勧めで見た日本映画「おくりびと」を参考にした。葬儀で僧侶に贈る花や食べ物を準備し、火葬場まで遺体を運ぶ。経費は月5千万チャット(約360万円)に上る賛同者の寄付金でまかなう。

 活動のきっかけは20年前、あ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら