[PR]

 第97回全国高校サッカー選手権大会で、栃木県代表の矢板中央は5日、川崎市の等々力陸上競技場で準々決勝を戦い、青森山田に1―2で敗れた。県勢の3年連続の4強入りはならなかった。

 今大会屈指の好チーム同士の対戦は手に汗握る接戦となった。矢板中央は前半14分、MF真島聖弥選手のヘディングシュートで先制。GK安西駿選手らの好守で青森山田の猛攻をしのいだが、前半終了間際に同点、後半26分に勝ち越しを許した。最後の最後まで相手ゴールに殺到、あきらめない姿勢は見事だった。

 高橋健二監督は「矢板中央のもてる力を全部出し切った。選手たちは精いっぱいよくやってくれた」とたたえた。(斉藤勝寿)

■体張り守備統率 昨年に及ばず…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら