[PR]

 第97回全国高校サッカー選手権に県代表として出場している尚志は5日、川崎市の等々力陸上競技場での準々決勝で帝京長岡(新潟)と対戦し、1―0で勝利した。県勢の4強入りは、同じく尚志が勝ち進んだ第90回大会以来7年ぶり。12日の準決勝では青森山田(青森)と戦う。

 尚志は前半22分、相手DFのミスから球を奪ったFW二瓶由嵩(ゆたか)君(3年)がゴール前のスペースにパス。受けたFW染野唯月(いつき)君(2年)が落ち着いて決め、先制した。

 後半は9本のシュートを浴びる苦しい展開が続くが、DFフォファナ・マリック君(3年)を中心に体を張って攻撃を防ぎ、GK森本涼太君(3年)も好セーブを連発した。

 仲村浩二監督は次戦について「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら