[PR]

 4日朝、横浜市中区寿町4丁目で2人が死亡し、8人が負傷した火災。かつて「日雇い労働者の街」として知られた寿地区だが、今は住民の6割近くを65歳以上が占める「福祉の街」だ。火災があった簡易宿泊所も車いすなどでも過ごしやすい「バリアフリー」が進んだ宿だったという。

 「5階が火事です」。午前6時過ぎ、火災報知機の音とともに流れたアナウンスで、4階に泊まる男性(84)は目覚めた。足が悪く車いすを使うが、エレベーターは止まっており、おんぶで助け出された。「黒い煙がもくもくしていた」

 火災が起きた簡宿「扇荘別館」は10階建て。中区の担当者によると数年前に建ち、車いす使用者でも動きやすいよう広いエレベーターやシャワー室が備えられたバリアフリー型の簡宿だという。

 区によると、寿地区の簡宿は、昨年11月時点で121軒。8371部屋に5728人が住み、うち65歳以上が約58%。生活保護を受給している人が約9割を占めるという。高齢化する街のニーズに伴い、1990年代末からバリアフリー化した簡宿が建ち始め、2000年に介護保険制度が始まると、訪問介護などを行う事業所も地区内に増えていった。

 寿地区に5軒の簡宿を展開するオーナーの男性は、市の担当者から「障害者の受け皿が足りない」と聞き、00年にバリアフリー型の簡宿を建てた。日雇い労働者として働いていた元々の住民のほか、地方から出稼ぎに来て次第に家族と疎遠になった高齢者や障害者ら、行政から紹介された人たちが入居し、ニーズはあるという。

 「扇荘別館」にヘルパーを派遣…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら