[PR]

 NHK大河ドラマの主人公で浜松出身の田畑政治やマリンスポーツなどを紹介する「浜松魅力発信館 ザ・ゲート・ハママツ」が6日、浜松市中区にオープンした。開館セレモニーで鈴木康友市長は「まさに浜松の玄関。観光客に魅力を発信し、街のにぎわいも作りたい」と述べた。

 場所はJR浜松駅から徒歩3分の遠州鉄道高架下。建物面積550平方メートルで、昨年1月まで使われた「浜松出世の館」を改装した。水泳や東京五輪誘致で活躍した田畑を紹介するコーナー、6日に放送が始まった大河ドラマ「いだてん」の展示、市が力を入れる浜名湖や遠州灘のスポーツを紹介。レンタサイクル、浜松ギョーザのレストラン、グッズ販売もある。

 入館無料で、無休。訪れた同市中区の会社員黒柳拓馬さん(25)は「きれいで盛りだくさんなので、観光客には手軽で便利そう」と話していた。(長谷川智)