[PR]

 北海道の新千歳空港は6日、大雪により5日に計105便が欠航した影響が続いた。5日夜に足止めされて空港で一夜を明かした人は約2千人に上った。6日の運航はほぼ通常通りに戻ったが、満席に近く、欠航した便の客が振り替え便に乗れない状況が続いた。

 新千歳空港ターミナルビルディングによると、5日に空港に泊まった約2千人に、毛布や寝袋を配った。6日は大手航空会社が数便の臨時便を出したが、航空会社のカウンターでは午後になっても、欠航便に乗るはずだった客らがキャンセルで空いた席や臨時便への振り替えを求め、長い列を作っていた。航空各社によると、7日も羽田行きなどの主要路線は席が埋まっているという。

 スキー旅行に来た埼玉県の夫妻は「キャンセル待ちだが、席が取れない。明日から仕事なので臨時便の運航に期待しているが」と話した。(志田修二)