[PR]

 駅近くの常総市立玉小学校には、約40年間、児童が演じ続けてきた芝居がある。地元の常光寺に伝わる民話を題材に、同小に勤めていた元教諭が作った劇「目つぶしの竜」だ。

 江戸時代の伝説的な名工、左甚五郎が日光へ向かう途中、大雨で常光寺に泊まった。甚五郎は宿の礼に竜の彫り物を残したが、見事な竜は夜になると彫刻から抜け出して暴れた。困った村人たちは彫刻の竜の目に銅板をはめて見えなくして、竜を鎮めたという。

 昨年11月、学校で開かれた「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも