[PR]

 鬼怒川を夜ふけてわたす水棹(みなさお)の 遠くきこえて秋たけにけり

 駅から鬼怒川を越えて西へ行くと、冒頭の短歌を詠み、農民文学の先駆けと言われる小説「土」を著した長塚節(たかし)の生家がある。

 1879(明治12)年、茨城…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも