[PR]

 国内製薬最大手の武田薬品工業は7日、アイルランドの製薬大手シャイアー買収に関する説明会を東京都内の本社で開いた。クリストフ・ウェバー社長らの主なやり取りは次の通り。

 ――シャイアー買収によって、一般消費者向けの「大衆薬」は今後どうしていくのか。

 ウェバー社長「(買収による資金リスク低下のため)ノンコア(非中核)資産の売却を今後は進めるが、日本において武田の大衆薬は十分なシェアがあり、今の状況で満足している。資産売却の第一優先ではない」

 ――世界の製薬業界では大規模なM&A(企業合併・買収)が進んでいる。この流れは加速するのか。

 ウェバー社長「世界の製薬トッ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら