[PR]

ひと・歌川たいじさん(52)

 料理上手な母の作るまぜごはんが幼いころから大好きだった。でも母は息子を殴り、ののしった。腕や胸元には、いまも母からつけられた包丁の傷痕が残る。

 そんな経験を描いた漫画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」がプロデューサーの目にとまり、同名の映画に。全国で順次上映中だ。

 太っていた小学生のころ周囲から「ブタ」と言われ、傷ついても言い返せるよう他人の欠点を探す子になった。そんななか、父の工場に勤めていた女性が味方だった。病気で亡くなる直前の彼女から「『僕はブタじゃない』って言って」と言われ、ずっと叫びたかった言葉だと気がついた。

 「変わろう」と決めた。否定的…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら