[PR]

 ハンバーガーチェーンのロッテリア(東京都新宿区)は、11日から全国のロッテリアで、カニの形をかたどった「かにぱん」に境港(鳥取県境港市)でとれたベニズワイガニが入ったクリームコロッケを挟んで販売する。菓子メーカーのつくる甘めのパンとカニ風味のクリームコロッケを合わせた一品で、おやつとしても食事としても味わえるという。

 名前は「かにぱんと紅ずわいがにのクリーミーコロッケバーガー」。コロッケは、境港で水揚げしてボイルしたベニズワイガニをベシャメルソースに合わせた。パンは三立製菓(静岡県浜松市)が1974年から販売するロングセラーの「かにぱん」を用いる。値段は税込み480円。11日から1週間をめどに数量限定で販売する。鳥取県内のロッテリアは、米子市内の米子皆生バイパス店と米子高島屋店の2店舗がある。(長崎緑子)