[PR]

 阪神・淡路大震災から24年となった17日、神戸市須磨区の納(おさめ)みよしさん(81)は体調が優れず、昨年まで足を運んできた東遊園地(神戸市中央区)での「1・17のつどい」には参加できなかった。布団の中でうつらうつらしながら、亡き母と兄を思った。

 今も、2人の死を完全に受け入れられてはいない。時間が流れるほど、夢に見る日が増えた。母が得意だった煮物料理を一緒に作ったり、兄と笑顔で話をしたり……。2人を救えたのではないか、と思いが募る。

 震災当時、神戸市灘区のマンションに住んでいた。壁に亀裂が入り、玄関のドアはゆがんだ。温水器が倒れ、室内は水浸しになった。4日後、夫の佳三さん(79)と長女かおるさん(51)の3人で大阪市内の親類宅へ身を寄せた。

 その直前、神戸市兵庫区の実家を訪ねた。屋根が破損した程度。母の荒川スミさん(当時90)と兄の信夫さん(当時60)は無事だった。「大丈夫やから」。母は背筋を伸ばしながら言い、兄は「心配すんな」と繰り返した。安心して、実家を離れた。

 暗転したのは親類宅に着いて、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら