[PR]

 ソニーが、これまでよりきめ細かな動画を映すことができる「8Kテレビ」に参入する。国内メーカーではシャープに続き2社目となる。まずは年内にも米国で発売し、日本での販売も検討する。

 米ラスベガスで開かれている家電・技術見本市「CES」で7日(日本時間8日午前)、記者会見を開いて発表した。

 ソニーがまず売り出すのは、98インチと85インチの超大型液晶テレビ。8Kは、現在の一般的なテレビ放送であるフルハイビジョン(2K)の16倍の画素数を使って、立体感や臨場感のある映像を映し出すことができる。

 8Kは、日本ではNHKが昨年12月に世界で初めて実用放送を開始した。ただ、米国を含め普及には時間がかかりそうだ。

 ソニーの8Kテレビは、通常の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら