[PR]

 8日午前0時40分ごろ、埼玉県春日部市西金野井の住宅で男性が倒れていると119番通報があった。県警によると、男性はこの家に住む山本友弥さん(44)で、首から血を流しており、搬送先の病院で約1時間半後に死亡が確認された。首に刺されたような傷があり、県警は殺人事件の可能性があるとみて調べている。

 県警によると、通報したのは山本さんと同居する女性(42)。捜査関係者によると、この2人と女性の夫(37)の3人暮らしで、県警は家からいなくなっていた夫を横浜市内の路上で見つけて任意同行を求め、春日部署で事情を聴いている。

 山本さんは寝室のふとんの上で倒れており、別の部屋で就寝中だった女性が物音に気づいて発見したという。