[PR]

 プロ野球ソフトバンクを自由契約となっていた摂津正投手(36)が8日、ヤフオクドームで会見を開き、現役引退を正式に表明した。ホークス一筋10年のプロ生活を振り返り、「短い選手生活でしたが満足している。後悔も悔いもなく終わることができた」とすっきりとした表情で語った。

 2012年に沢村賞に輝いた右腕も、16年以降は若手の台頭などもあって登板機会が減り、昨年11月に戦力外通告を受けた。現役続行を希望していたが、他球団からのオファーはなく、引退を決断した。「自分の中では厳しいなと思う部分はあった。可能性があればやりたいと思ったが、それ以上待つのは現実的にシーズンで活躍するのが難しい。昨年いっぱいと決めていた」と説明した。

 印象に残る試合に、2年ぶりに復活の白星を挙げた昨年5月22日の西武戦(ヤフオクドーム)を挙げた。今後は未定だが「何かしら野球に携わりたい。具体的なことはこれからゆっくり考えたい」と話した。

 秋田県出身。秋田経法大付(現明桜)高からJR東日本東北を経て2008年秋のドラフト5位で入団。26歳でプロ入りすると、新人王となった1年目から2年連続で最優秀中継ぎのタイトルを獲得。摂津、ブライアン・ファルケンボーグ、馬原の必勝リレーは3人の頭文字をとった「SBM」と呼ばれ、10年にソフトバンクとなって初のパ・リーグ優勝に貢献した。

 先発転向した11年から5年連続で2桁勝利を挙げ、12年には17勝を挙げて最多勝。5年連続開幕投手を務めるなどエースとしてチームを支えた。日本球界で先発完投型の投手に贈られる沢村賞と、最優秀中継ぎの二つを受賞した投手は摂津しかいない。プロ通算で79勝49敗1セーブ73ホールド、防御率2・98だった。

     ◇

 引退会見での主なやりとりは次の通り。

 ――今の心境は。

 意外とすっきりしていて、これから野球と離れて寂しさという部分はこれからだと思います。

 ――ホークスで一番印象に残っている出来事は。

 入団した時にすごいスター選手ばっかりで。松中さん、小久保さん、杉内さん、和田さん、(斉藤)和巳さんがいて、とんでもない所に入ったなというのが今でも記憶にありますね。

 ――プレー中は表情を変えないことで有名だった。意識をしていた部分はありますか。

 平常心をモットーにやってきましたし、喜怒哀楽を出さないように心がけてやっていました。

 ――昨年11月に戦力外になり、12球団合同トライアウトを受けずにオファーを待っていた。その時の心境は。

 正直、自分の中では厳しいだろうなという部分はありました。少しでも可能性があればやりたいと思っていた。不安もありましたし、ずっとモヤモヤした気持ちで過ごしていました。

 ――家族への相談は。

 (オファーが)無かったら辞めるよという話はしていました。家族からは「わかった」と。

 ――昨年12月いっぱいを区切りと考えていた。

 それ以上待つのは現実的に、シーズンで活躍するのが難しいんじゃないかと考えて、年内いっぱいでと決めました。

 ――プロ10年間で残せたものは。

 短い選手生活でしたけど、本当に満足していますし、後悔も、悔いもなく終わることができました。

 ――今後の進路は。

 何かしら野球に携わりたいとは思っています。具体的なことはこれからゆっくり考えたいと思います。

 ――記者会見場には、和田毅投手から「攝津へ 本当にお疲れ様 またホークスに戻ってきてください」というメッセージと花が届いています。

 本当にありがたいです。偉大な先輩ですし、和田さんがいて一緒に活躍したいと思ってやってきた。尊敬する先輩に花を贈っていただいて本当に感謝したい。

 ――またホークスに?

 チャンスとタイミングだと思うので。チャンスがあればやってみたい。とりあえず今はほっとした部分が大きい。もうちょっと落ち着いたら考えたい。

 ――最後にファンへのメッセージを。

 本当に10年間たくさんの応援に感謝しています。(2年ぶりの白星を挙げた)昨年5月の西武戦は、今まで味わったことのない素晴らしい声援を送っていただいた。こういう経験はなかなかできないと思う。これからの人生に役立てていきたい。また引き続きホークスを応援していただけたらありがたいと思います。