拡大する写真・図版渡辺さんがひきこもりをやめた日に撮影した写真「セルフポートレート『ひきこもりを終えた日』」(C)Atsushi Watanabe 2011

[PR]

 チューハイの空き缶やごみに埋もれた一室。鳥かごが置かれた廊下。ずいぶんと古いパソコンや木机が置かれた洋室……。芸術家が、全国のひきこもりの人たちから集めた自室の写真だ。社会から「見えない部屋」は静かに訴えかける。「私はここにいる」と。

 横浜市の現代美術家、渡辺篤さん(40)は、昨夏から全国のひきこもりの人に、インターネットで写真を募った。仙台や東京、名古屋、沖縄など約40人から計160枚が集まった。

拡大する写真・図版床に空き缶やごみが散らかった部屋。撮影した本人から「部屋にごみがあることで、こんな自分を罰している気がして安心できます」というコメントが渡辺さんに寄せられた

 空き缶やごみで埋もれた部屋の写真はメッセージ付きで女性から寄せられた。

 「夜中にコンビニに出かけては缶チューハイを買って飲んでいます。部屋にごみがあることで、こんな自分を罰している気がして安心できます」

拡大する写真・図版団地の一室で暮らしている人の部屋は、ごみで埋もれている

 畳の部屋の写真を送ってきた人は「学校に行けなくなって、断続的にこもって10年過ぎました」。物は少なく、廊下には鳥かごがある。一緒に送られてきた天井の写真に、渡辺さんは「日常で最も眺めているシーンだろう」と思った。

自らも約3年ひきこもった経験のある渡辺さんが写真を集めたきっかけや、その意義を語ります。動画でも。

 「アイムヒア(僕は/わたしは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら