[PR]

 トヨタ自動車は7日(日本時間8日)、開発中の自動運転技術を他社の車など外部に提供する考えを明らかにした。米ラスベガスの家電・技術見本市「CES」での記者会見で表明した。多くの企業に採用してもらうことで、激しさを増す自動運転をめぐる開発競争を有利に進める狙いがあるとみられる。

 7日の会見。トヨタ子会社で、人工知能を研究するトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)のギル・プラット最高経営責任者(CEO)は「私たちは『ガーディアン』と呼ぶ技術を開発し、作り込もうとしているところだ。そして業界の中にも提供できればと思う」と語った。

 トヨタは自動運転技術を二つに分けて、開発を進めている。高度な技術で安全運転を支援する「ガーディアン」はその一つ。ドライバーの状況をセンサーなどで観察したり、運転ミスなどによる衝突を車が避けたりすることで、乗る人を守る「守護者」を意味する。

 もう一つは、車が人間の代わりに運転する「ショーファー」(完全な自動運転)。この技術の実現には時間がかかるとみられ、トヨタは足もとではガーディアンの進化に力を注ぐ。

 運転支援技術であるガーディア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら