[PR]

 「これは“過学習”の可能性が考えられます」。京都大学で森林科学を研究している杉山淳司教授は、そう話した。

 杉山さんは、奈良・興福寺の国宝・阿修羅像のCTスキャン画像から、じかには見られない像内部にある心木の種類を探ろうとした。画像を拡大し、さまざまな木材の細胞を覚え込んだ人工知能(AI)に識別させる試みだった。

 杉やヒノキといった、仏像によく使われる樹種がはじき出されると思われたが、AIの出した答えは、なじみのないアカマツ。杉山さんや仏教彫刻の研究者らでつくる研究グループは「あり得ない。なぜ?」と首をひねった。

 そこで浮上したのが「過学習」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも