[PR]

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)の前沢友作社長が、私費で計1億円を「お年玉」として100人に配ると自身のツイッターで発表。リツイート(転載)が8日午後時点で550万回を超え、世界最多を更新した。

 前沢社長は「日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円を現金でプレゼントします」と5日に発信。前沢社長のアカウントをフォローし、7日までにこの発表をリツイートした人の中から当選者を選ぶとした。

 リツイートの中には「素敵な夢をありがとう」などと好意的なコメントが寄せられる一方、「金でリツイートとフォロワーを買った」と批判的な声も。フォロワー数は5日の発信のあと2倍超に増えたが、締め切り後に解除する動きも目立った。

 前沢社長は当選者への通知を終えた8日、「お金は使い方次第でこんなにもドキドキできるんだなと」と再び発信した。

 ゾゾは「前沢個人の活動で、会社としてコメントすることはない」(広報)と話している。

 前沢社長は昨年9月、米宇宙ベンチャーのロケットで民間初の月周回旅行に参加する計画を発表し、話題になった。(筒井竜平)