【動画】ユニチカの宇治事業所で火災=井手尾雅彦撮影
[PR]

 8日午後2時10分ごろ、大手繊維メーカー・ユニチカの宇治事業所(京都府宇治市)内のナイロン工場(鉄筋コンクリート4階建て延べ約18万4千平方メートル)付近から出火し、工場3、4階部分の約450平方メートルが焼けた。30~60代の男性従業員3人が病院に運ばれた。軽傷とみられる。

 京都府警によると、工場付近から出火しているのを従業員が見つけた。ユニチカによると、事業所は広さが約32万平方メートルあり、工場ではナイロン樹脂を製造しているという。

 現場はJR奈良線宇治駅の北約300メートルで、一時は周辺を黒煙が覆った。男性従業員は「離れた部署にいたが黒煙が広がってきた」、散歩中の男性(77)は「真っ黒な煙が建物の小窓からモクモクと出ていた」と話した。