[PR]

 自動車メーカーなど日系大手も多く進出するタイ。在留邦人の数は7万2千人を超え、その規模は米国や中国に次ぐ4番目の多さで、日本人ネットワークを形成してきた。スタートアップの世界でも、日本から飛び出す起業家の「よりどころ」になるような場所ができつつある。

 外国人も多く住むバンコク中心部の一角。ガラス張りのしゃれた屋内で、タイ人や日本人が普段着で談笑している。各国の起業家が集う拠点として昨年秋にオープンした共同ワーキングスペース「モンスターハブ」だ。

 3階建ての建物の半分が貸しオフィスで、残りは共用スペース。500円程度で半日から使える。2、3階の個室には、すでに豪やトルコのスタートアップ、投資や助言をする欧米のアクセラレーターと呼ばれる企業が入居している。

 駆け出しの起業家が市場の特性を知る先輩の助言を受けたり、入居者どうしの技術を融合させた新しいアイデアが生まれたり、といった「化学反応」が起きる場になることが期待されている。このためハブ内にはコミュニティーを活性化させる担当者がいて、昼食会なども企画される。

 モンスターハブをつくったのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら