[PR]

 仮想通貨を獲得する「採掘(マイニング)」のため、他人のパソコン(PC)を無断で作動させるプログラムをウェブサイト上に保管したなどとして、不正指令電磁的記録保管の罪に問われたウェブデザイナーの男性(31)=東京都武蔵野市=の初公判が9日、横浜地裁(本間敏広裁判長)であった。男性側は、「ネット上の広告などと同様だ」として無罪を主張したうえで、「仮に不正だとすれば、多くのプログラムが犯罪となり、日本のインターネットの将来に直結する」と訴えた。

 起訴状などによると、男性は2017年10月~11月、自身が運営するウェブサイトに仮想通貨「モネロ」をマイニングするためのサービス「コインハイブ」のプログラムを仕込み、無断で閲覧者のPCにマイニングをさせようとしたとされる。

 サイトに仕込んだプログラムが、閲覧者のPCに無断で指示を送る点は、ネット広告と同じだ。だが、警察はマイニングでパソコンに負荷がかかり、電気代もかかるほか、サイトの閲覧者にマイニングについて知らせていないことなどから、違法行為にあたると判断した。各地の警察は同様の容疑で昨年3月以降、少なくとも16人を摘発している。

 男性は昨年3月、同罪について罰金10万円の略式命令が出たが、これを不服として正式裁判に移行している。(飯塚直人、安藤仙一朗)