森に住むよく似た小ネズミ、2種が共存できる秘密は?

有料会員記事

米山正寛
[PR]

 日本の森に広く暮らすアカネズミとヒメネズミは、同じ地域にすんでいることも多い。よく似た両者が「共存」できる理由は何か? 福山大などのグループがその一端を解明した。

 佐藤淳・福山大准教授や島田卓哉・森林総合研究所鳥獣生態研究室長たちのグループは、北海道幌加内町にある北海道大雨龍研究林で6~10月、両種のネズミを小さなわなで捕まえた。その中のネズミのふんに含まれるDNAを調べ、林内で餌として食べている植物を突き止めていった。

 その結果、アカネズミは、春…

この記事は有料会員記事です。残り689文字有料会員になると続きをお読みいただけます。