[PR]

 「秘境駅」として知られるJR土讃線の坪尻駅(徳島県三好市池田町)の待合室に新たな記念スタンプが登場した。元のスタンプが昨年8月から行方不明になり、JR四国が新調した。

 元のスタンプは、2008年に地元の町づくり団体「おおぞら会」が作りJR四国に寄贈。10年に行方不明になったが、2カ月後に青森県内で発見され、「往復2600キロを旅したスタンプ」として坪尻駅の名物になっていた。しかし、昨年8月に再び持ち去られ、来訪者から「スタンプがなく残念」「悲しい」などの声が寄せられていた。

 JR四国は、再び戻ってくることを願いつつ、後継を置くことを決定。モミジや桜の中を列車が走る「先代」のイメージを残しながら、列車を坪尻駅に停車する観光列車「四国まんなか千年ものがたり」に変えたスタンプを作った。

 1月4日に新スタンプを置くと…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら