[PR]

 これは、「取材後記」というほど、大層なものではないんです。そうですね、記事が「そば」だとするならば、温かいおつゆに投じる七味唐辛子とか、食べた後に加えるそば湯とか、そのようなものです。つまり、あってもなくてもいいかもしれないけど、あったら記事の見方がちょっとおもしろくなるかもしれない、まあ、希望をこめて、そんな感じです。では、どうぞ。

 連載「エイジング・ニッポン」の取材班が東京で編成され、名古屋から加わりました。そして島根県雲南市に飛びまして、看板店の男性と、性的少数者の見習い僧侶のお二人に取材を受けて頂き、記事にしました。

 まずはじめに。東京本社で開かれた会議の日々が忘れられません。東京で活躍する「スター記者」の面々が集まったように思えてなりません。専門用語が飛び交い、小難しい話が会議室を満たします。頭をフル回転させても、議論についていけませんでした。

 背伸びをしてはいけません。

 「よっしゃ。テーマは『人口減少』と堅苦しいけど、俺らしい身近な事柄を取材したんねん!」

 そう決めました。そこで、ひらめきました。

 「祭りや!」

 人口減少でどこの祭りも担い手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら