[PR]

 プロ野球・日本ハムの新人選手が9日、2軍施設がある千葉・鎌ケ谷市で新人合同自主トレーニングを開始し、昨夏の第100回全国高校野球選手権大会でエースとして金足農(秋田)を準優勝に導いたドラフト1位の吉田輝星ら8選手がプロとしての第一歩を踏み出した。

 午前10時に球場近くの寮を出ると、グラウンドへ晴れやかな表情で向かった。待ち構えていた多くのファンから「吉田く~ん」などと声をかけられていた。吉田はウォーミングアップ中に、夏の甲子園の決勝で戦った大阪桐蔭のエースでドラフト5位の柿木蓮らと会話するなど、終始リラックスムードだった。

 新人合同自主トレは春季キャンプ直前の1月下旬まで行われる予定。