[PR]

 東京都練馬区の専門学校生谷口夏希さん(20)の遺体が遺棄された事件で、警視庁は9日、谷口さんの知人で住所不定、無職熊沢義信容疑者(27)=死体遺棄罪で起訴=を強盗殺人の疑いで再逮捕し、発表した。熊沢容疑者は認否について「言いたくない」などと述べているという。

 捜査1課によると、再逮捕容疑は昨年11月29日ごろ、金銭を奪うため練馬区の学生寮で谷口さんを何らかの方法で窒息死させ、キャッシュカードなどを奪ったというもの。熊沢容疑者は当時、ローンの未払いが100万円以上あったという。捜査関係者によると、2人は交際していた時期があったという。

 谷口さんは11月28日夜、学生寮に帰宅した姿が防犯カメラで確認されたのを最後に行方不明になり、翌29日には都内のATMで谷口さんの預金のほぼ全額の約5万9千円が引き出されていた。同課は熊沢容疑者が引き出したことを確認したとしている。熊沢容疑者が殺害前に暗証番号を聞き出すなどしたとみている。

 事件は12月7日に発覚。学校から無断欠席しているとの連絡を受けた谷口さんの父親が学生寮の部屋のベッドに血痕があるのを見つけ、110番通報した。捜査員が9日、福島県いわき市内でレンタカーに乗っている熊沢容疑者を発見。車内から谷口さんの遺体が見つかった。