[PR]

 歯のX線検査を無資格の歯科助手らにさせたとして、大阪府警は9日、大阪市北区の歯科医院「ザ・ホワイトデンタルクリニック大阪院」の歯科医師4人を診療放射線技師法違反容疑で書類送検し、発表した。歯科医2人は「診察で忙しかった」と供述したが、ほかの2人は「指示したことはない」と否認している。

 X線撮影は人体に影響を与える恐れがあり、診療放射線技師法で医師や歯科医、診療放射線技師でなければ実施できないとしている。生活環境課によると、4人は2017年6月~18年5月、無資格の歯科助手とカウンセラーに指示し、20~50代男女12人に放射線を照射させた疑いがある。歯科助手4人とカウンセラー3人も同法違反容疑で書類送検された。同院の事務代行会社は「担当者が不在」としている。