[PR]

 九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)の新鳥栖―武雄温泉間の整備方法を巡り、佐賀県の山口祥義知事と長崎県の中村法道知事が9日、佐賀市内のホテルで会談した。問題解決のために国へ対応を求める方針では一致したが、フル規格を望む長崎県と、それを受け入れられないとする佐賀県の温度差は大きく、会談は平行線に終わった模様だ。

 会談は非公開。2人きりで食事をしながら1時間ほど話した。

 会談終了後、別々に報道陣の取材に応じた両知事によると、整備方法を巡る問題はフリーゲージトレイン(FGT)の開発がうまく進まなかったことに原因があるとして、国が責任ある立場として協議を進め、一定の方向性を示すよう求める姿勢で一致。今後も両知事による議論の場を設ける考えも示した。

 整備方法について中村知事は取…

この記事は有料会員記事です。残り1672文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1672文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1672文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース