[PR]

 横浜市西区みなとみらいの「耐震バース」で9日、県警が年頭視閲式を開いた。約1千人の警察官が行進し、パトカーなどの車両約60台が登場、ヘリコプター2機も上空を飛行した。

 視閲式で古谷洋一本部長は「本年は、ラグビーワールドカップやアフリカ開発会議などの大きな行事が予定されている。これらの行事が滞りなく行われるため、的確に対応していかなければならない」と訓示。その後、交通機動隊の白バイ隊員が、並べられたコーンを息ぴったりにジグザグに走行する技術を披露した。(安藤仙一朗)