[PR]

大阪市東住吉区「手作り豚まん専門店 龍福(りゅうふく)」 陳威(チン・イ)さん(45)

 陳威さんは中国の黒竜江省出身。大阪市立大学大学院に留学し、経営学を学んでいた。何を仕事にするか、ひらめいたのは電車で通学する途中だ。JR天王寺駅では、赤白の紙袋を下げた乗客をたくさん見かける。構内で売られる豚まんだと知り、「故郷には他にもいろいろな饅頭(まんじゅう)があるから、自分で店を開こう」と決めた。

 もっとも、初めて食べた日本の豚まんは「味が違ってびっくりした」。皮も具も甘く感じ、中国では入れないタマネギを使っていることに驚いた。市内の老舗で約5年修業し、2012年に独立。豚まんや野菜まんをそろえた。

 おすすめはチャーシューまん。キメの細かい皮に、ゴロゴロ入った肉の食感が豪勢だ。角切りの豚バラ肉を購入し、茹(ゆ)でた後、丁寧に手で洗って汚れをとる。これで味がよく染みる。当初は本場流に豚肉を炒め、辛めに味付けしていたが、日本向けにアレンジし、砂糖などで甘めに煮る方法にたどりついた。皮もほんのり甘め。両手であっという間に花びらのようなひだをこしらえ、具をくるむ。

 常に進化する味は客の心をとら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも