[PR]

 女優や歌手のコスプレをしたシニア女性たちの写真展が、兵庫県宝塚市で開かれている。変身を楽しむことで、女性としての役割を求められてもがいた過去を、乗り越える試みだ。

 市男女共同参画センターで2月16日まで開催中の「昭和ガールズ☆変身を愉(たの)しむ☆」。20人の変身前・後の姿が並ぶ。

 大阪府箕面市の小川真知子さん(65)は米映画「キャバレー」(1972年)の主演女優、ライザ・ミネリに変身。胸元を大胆に開けた服を初めて身につけ、長年のこだわりが消えた。

 女性や子ども支援のNPO法人「SEAN(シーン)」(同府高槻市)の理事長だ。20歳のころ、職場の上司から体つきについて「男好きするね」と言われ、値踏みされたようで不快だった。

周囲から期待された役割、母との苦い記憶……。変身写真に臨んだ女性たちの思いに迫ります。

 「女を武器にしている」と思わ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら