[PR]

 9日午後1時40分ごろ、和歌山市のJR和歌山駅ビルの地下1階でせき込んでいる人がいると、通行人の男性から110番通報があった。市消防局によると現場で体調不良を訴える人が相次ぎ、20~70代の男女10人が病院に搬送された。いずれも意識はあり、のどの痛みを訴えているという。

 地下1階には飲食店や雑貨店が並んでいる。周辺は多くの利用客が訪れており、一時騒然とした。

 市消防局と和歌山県警によると、付近ではガス漏れは検知されず、硫化水素や一酸化炭素なども検出されなかった。不審物は見つかっておらず、県警と市消防局が原因を調べている。70代女性は「のどがひりひりした。せきこんで息ができなかった」と話した。