[PR]

 プロ野球阪神の矢野燿大(あきひろ)新監督が9日、新年のあいさつのため大阪市北区の朝日新聞大阪本社を訪れた。藤井龍也・大阪本社代表らに就任1年目への意気込みを語った。心技体のどれを重視するかを問われ、矢野監督は「圧倒的に心ですね」と即答。続けて「気持ちが変わればいろんなことが変わる。昔は監督の色に染めたけど、今は選手に自分の色を出させるのが仕事だと思います」。昨季は2軍監督としてチームを日本一に導き、その中で確立した指導論を明かした。また、2軍で鍛えた中で注目してほしい選手として4年目の板山の名前を挙げた。