[PR]

 雪印メグミルク(本社・東京)は、受験シーズンが本格化する季節にゲン担ぎの飲料で受験生を応援しようと、道内で新商品「いよかんカツゲン味わい濃いめ」を発売した。3月上旬までの販売を予定している。

 道内限定で販売している乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」の味を1・4倍濃くし、いよかんの風味を加えた。甘酸っぱさと濃いめの味わいが楽しめるという。

 パッケージには「福入」と書かれたダルマのイラストと「カツゲン飲んでいい予感」のキャッチコピーを入れた。カツゲンは「勝源」、いよかんは「いい予感」と語呂合わせで読むことができ、受験生を応援する思いが込められている。180ミリリットルで税込み100円、道内のコンビニで販売している。

 従来の「ソフトカツゲン」も、受験シーズンは「カツゲン飲んで受験に勝!!」の文字を入れた受験生応援パッケージに衣替えし、販売している。

 同社札幌工場敷地内の「酪農と乳の歴史館」(札幌市東区)には「勝源神社」があり、試験合格やスポーツの必勝祈願に御利益があるとして、ひそかな人気がある。(芳垣文子)